婚約指輪

婚約指輪の相場は?

「お給料の3か月分」という言葉を聞いたのはいつだったのかとも思うほどに、一時は浸透した言葉がありました。
今でも言われますが本気でそう考える人はあまりいないようです。

一般的にいろいろみて総合すると30万円から40万円といったところが平均のようです。
しかし中には50万円以上の人もいれば10万円以下の人もいたりして、
平均して30万円から40万円というのはちょうど真ん中の辺りになるのが少しそれも原因になっているのでしょうか。

10万円から20万円の人の意見の多くは「母及び祖母からの指輪の石を使った」
「婚約指輪は抑えめにして、長く使う結婚指輪の方を優先した」【with meへリンク】などという意見があります。

実際に「with me」のペアリングには意味深な意味が込められたものも多く、
婚約指輪にしても不思議ではありません。
面白いのが平均である30万円から40万円の意見が「彼をお気に入りの店に連れていった」
「一緒に選んだ」という意見があることです。

最近の女性は婚約指輪にサプライズを期待していないのでしょうか。
それとも「婚約指輪は一緒に選びたかった」というような意見のように、
もう男性だけが選ぶ時代ではないということなのでしょうか。

ところが50万以上となると「もらった時の感動が忘れられません」
「何年たっても変わらない輝きをたまに主人に見せて二人で懐かしい気持ちになります」という意見になります。
素晴らしいサプライズをして喜ばれているという証です。

平均の30万円から40万円という根にあるのは、女性の意見の混ざってることが多いということになります。
男性だけで選ぶと高いものにいくことが多いようです。
反対に20万以下だと、結婚指輪の方が長く使用するのだからという意見のようですね。
ですが、これはあくまで一部の方の善意による意見です。
参考にはできますが、あくまで自分たちの意見まで縛られないでください。
婚約指輪をどのように選ぶのかはあくまで二人の自由なのです。