婚約指輪

婚約指輪を購入するときの注意点 〜金属アレルギー〜

人によっては様々なアレルギーを持っていることが多くあります。
食べ物アレルギー、花粉アレルギー、そして金属アレルギーです。

だいたいは合金されていたり、はがれやすいメッキなどによって金属アレルギーは起こるので、
金、銀、プラチナなどが主体となっている婚約指輪では起こりにくいのですが、
まったくゼロということはありません。

女性は普段から装飾品を身に着けることが多いので、自分でも何が悪いのかということを知っています。
そういうのは普段との会話などで聞くことができますので、
くれぐれもアレルギーを起こすような悲しい思いをする指輪は選ばないようにしてください。
女性が自分の体質をますます嫌になりかねません。
こういうコンプレックスは他人が思っている以上に深いものです。

一生に一度の日に少しでも不安があることは避けて、素晴らしい日にしましょう。
そういう意味では様々なものを扱っている「white clover」はお勧めといえます。【white cloverへリンク】

素材もゴールド、シルバー、プラチナ、ステンレスまであります。
もしこれらが駄目だったとしても、ネックレスもありますが、指以外にもアレルギーがでる場合でしたら、
ダイヤモンドや誕生石が入ったストラップもあります。
しかもペアでありますので、婚約指輪の代わりという言い方がおかしいですが、
二人の結びつきを示すものとしてはこれほどに相応しいものはありません。

アレルギーがあるから指輪がつけられないのなら、携帯に指輪代わりをつけてもいいではないでしょうか。
ちなみに意外と知られていないのが普段から装飾品を付けない男性のアレルギーです。

婚約指輪はともかくとしても結婚指輪はつけます。
そしたら発覚したということもあるのです。

奥様になる女性を悲しませないためにも、少しの期間試すことをお勧めします。
すぐにかゆいから、赤くなったから=アレルギーというわけではありませんが、
念のために、お医者様で確認のパッチテストをしていただいて、
本当にアレルギーから起こったものかを知ることも大切です。