婚約指輪

婚約指輪の選び方


婚約指輪は高いというイメージですよね。
昔は、給料の3カ月分が相場でした。
今では、平均的に30万から40万ぐらいが相場と言われています。
婚約指輪の金額としては、お手ごろにはなってきました。
しかし、30万以上のお金は高額なお買い物です。
だからこそ後悔しないような、婚約指輪の選び方をしてもらいたいと思います。

まず婚約指輪を選ぶ際に、知って欲しい4Cがあります。
それは、Color、Cut、Clarity、Carat、のCの頭文字をとって4Cと言います。
それぞれの項目で、どのランクのものに決めるかで、大きく値段が変わってきます。

Cutは、ダイヤの光り方の決め手になります。
削り方によって、光の屈折が変わり輝き度が変わります。
Poor?Excellentの5段階で、評価されています。
婚約指輪は、指輪の中でも高価なものなので、Cutに関してはほとんどExcellentの物が多いです。
大きく値段の違いが出るのは、その他の3つのCです。

Colorは、ダイヤの色見のことです。
最高級のD?Zまでの23段階にわかれます。
Zにちかいほど、ダイヤの色見が黄色っぽい色になります。
ランクでD、E、Fは無色とされています。
Dが最も高く、E、Fでも無色ですが値段の方は同じ無色でも大幅に変わってきます。

Clarityは、ダイヤの透明度のランクです。
ダイヤの原石にもともとある、不純物や傷の程度によって11にランクわかれます。
ほとんどの婚約指輪は、VVS1からSIのランクのもので十分です。
SI以上であれば、肉眼で傷などが分かりにくいダイヤです。
ダイヤの価値としては、ランクが高いほど質が良くなります。
良質なものを重視するのであれば、VVS1のランクのダイヤを選びましょう。

Caratは、一番よく知っている人も多いですが、重さを表します。
よく芸能人の結婚会見などでも、何カラットの指輪で推定いくらなどと話題になります。
1ctは0.2グラムとされていて、重ければ重いほど高くなります。
婚約指輪として一般的に選ばれるのは、0.3〜0.4ctが平均です。
見た目が大きいものがいい人は、Caratにこだわって選びましょう。

みなさんが一番悩むのは、CaratとClarityのバランスです。
ダイヤの質をとるのか大きさをとるかで、だいぶ商品の違いが出ます。
Clarityをとれば同じ値段でも、見た目でダイヤの大きさが違ってきます。
Caratをとれば同じ値段でも、ダイヤの質は落ちてしまいます。
これに関しては、それぞれの価値観の違いになってきます。
彼女の希望や好みもあるので、相談して決められるといいと思います。

また4C以外でも、既製品かセミオーダーかフルオーダーのどれを選ぶかによって金額が変わります。
同じ質のダイヤを選んでいた場合、もちろんフルオーダーのものが一番高くなります。
オーダーする場合は、もしサイズ変更をすることがあるかもしれないことを念頭に置いて考えましょう。

全体に柄がある場合、サイズ変更をすると柄が合わなくなり、サイズ変更できない場合もあります。
お店の人とよく相談した上で、決めていきましょう。
こちらのオススメサイトの最も後悔しにくい婚約指輪の買い方 についての解説も、是非ご覧ください。