婚約指輪

婚約が決まったら婚約指輪を購入しましょう


女性にとって憧れのプレゼントは、何といっても婚約指輪です。
大切な人から一生に一度しかもらえないものです。
特に、婚約指輪はプロポーズのときに準備する人も多いです。
なので女性にとっても、男性にとってもとても大事なものになります。

結婚を決めた二人、が挙式で結婚指輪をするまでの間にはめるのが婚約指輪です。
結婚するという証しでもあります。
なので、結婚指輪と同じ左手の薬指にします。

もともと婚約指輪は、古代ローマ時代からあります。
男性から永遠に女性を守るという、意味が含まれています。
それは指輪の輪が途切れがないということが永遠を表し、魔よけの意味合いもあります。

今は婚約指輪を渡さない人もいます。
金銭的な理由もあったり、できちゃった結婚ですぐに入籍をしたりなど理由は様々です。
でも結婚して子供ができると、自分一人の為に高価なものを買う機会は少なくなります。
女性のあこがれだからこそ、妥協せずきちんと準備したいですよね。

婚約指輪といったらダイヤモンドがほとんどですよね。
海外では、誕生石やサファイヤやルビーなども選ばれています。
これらの石は魔よけの宝石とされていて、幸運をもたらすとも言われています。
その中でもダイヤモンドが選ばれているのは、ダイヤモンドには「不屈の力」「永遠」といった意味があるです。
ダイヤモンドは宝石の中でも一番硬いので、割れることがない=固い絆という意味合いもあります。
またダイヤモンドは透明度がある宝石なので、純粋という意味もあり選ばれます。
こちらのサイトのエンゲージリングの素材の解説も大変参考になるかと思います。

また結納行う場合は、必ず婚約指輪は必要になります。
結納は両家の考え方もあるので、早めに確認をしておきましょう。
婚約指輪も、デザインが豊富になっています。
高額なものになるので、彼女が気に入るものを用意したいですよね。
最近ではプロポーズでOKをもらった後、二人で一緒に選びに来るカップルも増えています。
好みもありますし、大きい一粒ダイヤのものから、普段使いしやすいものもあります。
のちのち結婚指輪と重ねづけできるデザインを、好んで選ぶ人もいます。

一生に一度のプレゼントなので、二人にとっていい記念になる指輪を選びたいですね。
こちらのサイト結婚指輪と婚約指輪の違いの基本の詳しい解説も、是非ご覧ください。